トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療へのこだわり » 外科的矯正歯科治療について

外科的矯正歯科治療について

外科的矯正について矯正歯科装置だけでは治らないような噛み合わせや顎のズレは、矯正歯科治療と外科的な手術を併用することにより、機能的にも審美的にも優れた治療効果をあげることが可能です。

顎の成長が終わった15歳以上の大人の方で、骨格的に著しいズレを伴う受け口や出っ歯、または顎の左右のズレがある場合は、形成外科や口腔外科での手術を併用する外科矯正歯科治療を行います。

この場合は顎変形症という病名がつき、保険適用となります。なお矯正歯科装置は通常の治療と同じです。治療期間は2年から2年半位必要になります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療へのこだわり » 外科的矯正歯科治療について


PAGE TOP