トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療期間と流れ » 治療の流れ

治療の流れ

治療の流れ1. 初診相談(カウンセリング)30分

当院は院長自らが患者さんのお悩みやご希望をうかがい、専門的な立場からお話をさせていただきます。治療の方法や期間、治療費の目安などはもちろん、患者さんが治療についてわからないことが無くなるまで、きちんとカウンセリングを行っていきます。

2. 精密検査 

患者さんの状態をよりくわしく把握するために精密検査を行います。精密検査では、具体的なの治療方針を決定するために必要な資料を集めます。

<検査内容>
頭部X線、パノラマX線、咬合X線、歯型取り、写真撮影、虫歯検査、咬合(こうごう)診査、顎運動機能検査などを行います。

3.診断

初回検査内容について詳しい説明を行います。顎と頭蓋全体のバランス分析。歯や歯の根、顎の骨、親不知。また顎の運動機能分析や顎関節の断層レントゲンから顎周囲の筋肉や顎関節の状態などについても説明いたします。

これらの検査結果を元に何種類かの治療方針と、使用する装置やその効果、治療後の予測などをご説明いたします。

なお、治療が必要な虫歯がある場合は、かかりつけの歯科医院で治療が終了してから、矯正歯科治療を開始させていただいております。

4. 治療開始(平均2年〜)

矯正歯科装置を装着し、歯を動かす治療がスタートします。矯正歯科治療中はおよそ1ヶ月に一度、来院していただき装置の調整をいたします。治療中は虫歯や歯周病になりやすいため、お口の中の状態を見ながら、必要に応じてブラッシング指導やクリーニングを行います。

5.保定開始検査

治療前の精密検査と同様の検査を行います。患者さんと一緒に治療前と現状の検査資料を比較して、問題が残っていないか、目標とするコンディションに到達したかなどを確認し、今後を予測分析したうえで保定の時期・方針を固めていきます。

6.保定治療(メインテナンス)

計画通りに治療が進み、歯の移動が終了したら矯正歯科装置をはずし、後戻りを防ぐためのための保定装置を装着します。「保定期間」は約3年程度必要です。骨が安定してしていないうちは、歯は元にあった位置に戻ろうとします。そのため、この期間は保定装置を装着し、歯の位置を安定・固定させます。保定期間はメインテナンスのために数ヶ月毎に一度、来院していただきます。

7.保定終了検査(無料)

今後の個々でできるメインテナンスの仕方についてご説明し、当院のすべての治療を終了していきます。ご希望の方には、その後も半年に一度のメインテナンスを継続していきます。

治療にかかった費用や時間を無駄にしないためにも保定期間の重要性をご理解ください。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療期間と流れ » 治療の流れ


PAGE TOP