トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 抜歯について » 矯正歯科治療と抜歯の関係について

矯正歯科治療と抜歯の関係について

「歯を抜かずにできますか?」患者さんからのご質問で多いのが、抜歯についてです。

矯正と抜歯の関係について

矯正歯科治療は顎に歯を正しく並べていく治療なので、並べるスペースが足りない場合など、歯を抜いてスペースを確保する必要があります。

健康な歯はできれば抜かずに治療をしたいと思うのは、誰もが思うところです。時々「他院で『歯を抜かなくても矯正できますよ』と言われた」という患者さんがいますが、実のところ、完全に「非抜歯」の矯正は難しいのです。

非抜歯矯正には限界があります

歯を並べるスペースが足りなければ、歯並びの幅を広げたり、歯を後方へ移動することでスペースを獲得できるかを探ります。とはいえ、顎のサイズは大きくは変化させることが難しいため、限界があるのも確かなのです。無理に非抜歯矯正にこだわった結果、歯根吸収が起こったり歯肉が痩せてしまうこともあります。また口元が突出して、顔の審美性を損ねてしまう恐れもあるのです。

症例によっては抜歯が必要な場合があります

矯正歯科治療を行っても、機能面が回復しなかったり、口元が不自然に見えては、意味をなしません。矯正歯科治療における抜歯は、口元の自然な美しさと機能する噛み合わせを作る上で、考慮することが大切です。

抜歯をしてできた隙間は、歯並びのデコボコを無くすためや、出っ歯や受け口を引っ込めるために利用しますので、治療終了時には綺麗になくなります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 抜歯について » 矯正歯科治療と抜歯の関係について


PAGE TOP