トップへ » 気になる疑問 » あなたはどのタイプ?(症例集)

歯がデコボコしている(叢生)

●歯の列がでこぼこしていると感じる
●歯に食べカスが残りやすい
●笑うと犬歯が見える

顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪いために、歯がでこぼこに萌えたり、重なったりしている状態です。これを「叢生(そうせい)/乱杭歯(らんぐいは)」といいます。八重歯もこの症状のひとつです。

<治療前>
治療前(叢生)前歯のガタガタが気になるとのことで来院されました。歯のはえるスペースが不足しています。

下へ
<治療後>
治療後(叢生)抜歯を行い歯並びを正常に戻しました。見た目も美しく良く噛めるようになりました。

噛み合わせが深い(過蓋咬合)

●噛み合わせると前歯が深く沈み、上の歯が下の歯を隠してしまう

噛み合わせが深すぎる状態です。笑ったときに上顎の歯肉が見えてしまったり、下の前歯が上顎の内側の歯肉を傷つけて炎症を起こすこともあります。「過蓋咬合(かがいこうごう)/ディープバイト」といいます。

<治療前>
治療前(過蓋咬合)前歯が伸びすぎて、歯茎を噛むようになっています。痛みもありました。

下へ
<治療後>
治療後(過蓋咬合)咬みあわせを浅く調整しました。前歯は正しい状態になり、安心して噛めるようになりました。

受け口が気になる(反対咬合)

●口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
●顎がしゃくれている
●下顎が発達しすぎている
●上手く咀嚼ができない
●言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

噛み合わせたときに、上の歯よりも下の歯のほうが前へ出ている状態で、一般的には「受け口」と言われます。遺伝的な要因もありますが、上唇を噛んだり、舌を突き出す等の癖が原因となっていることもあります。永久歯が萌え揃った状態での反対咬合には、矯正歯科治療以外の治療方法はありません。

<治療前>
治療前(反対咬合)下顎が前に出て咬みあわせが反対になっています。

下へ
<治療後>
治療後(反対咬合)下顎の歯を抜歯して歯並びと咬みあわせを治しました、もう口元を隠すことは無くなりました。

前歯がうまく閉じることができない(開咬)

●口を閉じても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
●舌を前方に突き出す癖がある

口を閉じた状態でも、歯が噛み合わない状態です。上下の前歯を閉じても隙間ができるため、前歯で食べ物を噛み切れなかったり、言葉が不明瞭で聞き取りにくくなることもあります。「開咬(かいこう)/オープンバイト」といいます。

<治療前>
治療前(開咬)前歯で噛むことができないため、食物を上手に咬み切ることができません。言葉も不明瞭になりがちでした。

下へ
<治療後>
治療後(開咬)抜歯を行い、歯並びを調整しました、前歯でしっかり噛めるようになり、言葉の不安も解消しました。

出っ歯で悩んでいる(上顎前突)

●上の前歯が下の前歯よりも、前に出ている
●上唇が上ったままで、口を閉じにくい
●無理して口を閉じると、口元が不自然に歪む

上顎が前へ飛び出している状態のことを言います。前歯の角度異常、上顎が成長し過ぎている、下顎の成長不足などが原因となります。歯のみの場合と、上顎全体の場合があります。「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。

<治療前>
治療前(上顎前突)上の前歯が出ています。唇が閉じにくいため来院しました。

下へ
<治療後>
治療後(上顎前突)上の前歯が後退し、歯並びも整いました。口が閉じやすくなりました。

すきっ歯を気にしている(正中離開)

●歯と歯の間が空いている
●サ行などが発音しにくい

歯と歯が離れ隙間ができてしまっている状態です。顎と歯の大きさが合っていない場合や、そもそも萌えてきている歯が足りないことが原因となります。発音がしにくく、見た目もよくありません。「正中離開(せいちゅうりかい)」といいます。

<治療前>
治療前(正中離開)歯と歯の間の隙間が気になり来院しました。

下へ
<治療後>
治療後(正中離開)隙間が気にならなくなり、歯茎にも張りが出てきました。

カテゴリー一覧

歯並び・噛み合わせでお困りの方は、ご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 気になる疑問 » あなたはどのタイプ?(症例集)


PAGE TOP