トップへ » 気になる疑問 » 子供の矯正歯科治療について » 子供の矯正歯科治療の流れについて

子供の矯正歯科治療の流れについて

子供の矯正歯科治療の流れについて子供の矯正の場合、はじめからワイヤーの装置を付けて治療をスタートするわけではありません。小児の矯正歯科治療は大きく分けて、2つのステップに分かれます。

ステップ1/第1期治療(学童期)

この時期は、顎の形も大きく変わっていく育ち盛りの成長期です。永久歯が生え揃っていない場合は、まず、顎の骨を正しい成長に導き、歯をしっかりと支える土台としての機能を持たせる治療を中心に行います。

また前歯の生え方が悪く、咬みにくい場合は前歯のみの歯並びを治療する場合もあります。本来の成長力を引き出すことで、大きな効果が期待でき、幅広い治療が可能です。第1治療期がうまくいくと第2期治療期では永久歯を抜かずに治療ができる可能性が高くなります。

<使用する装置類>

成長促進効果を有する装置は、お口の中に入れて使用し、月に一回以上の通院が必要です。使用期間は1年以内となります。

筋肉の力を利用して顎の成長変化を促す顎の矯正装置。
・バイオネ一タ一装置

骨に直接刺激を与えて成長を引き出します
・ツインブロック装置・ラピッドエクスパンジョン装置・クオドヘリックス装置・リンガルア一チ装置

成長抑制効果を有する装置は、お口の外に装着し、1~数ヶ月に一回の通院を行います。使用期間は1年半から3年ほどかかります。

力の加え方を調整していきながら顎の成長をコントロールします。
・ヘッドギア一装置
・チンキャップ装置

ステップ2/第2期治療(中学生以降)

中学生~高校生になると、歯と骨がしっかりしてくるため、大人と同じ矯正歯科治療が可能になります。上下すべての歯にブラケットを装着し全体の噛み合わせを改善する治療となります。特に第I期で歯の土台をしっかり整えておくと、通常の大人の矯正歯科治療よりも治療期間が短く済むというメリットもあります。

治療中の通院について

治療中の通院は平均月1回程度です。治療用装置の調整を行いますが、その後の数日は痛みがでる場合もあります。治療期間は1年半から2年程度必要ですから、学校の行事や受験など、予定をよく考えて治療を行う時期を決定しましょう。

※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。


トップへ » 気になる疑問 » 子供の矯正歯科治療について » 子供の矯正歯科治療の流れについて


PAGE TOP