トップへ » 気になる疑問 » あなたはどのタイプ?(症例集) » 前歯がうまく閉じることができない(開咬)

前歯がうまく閉じることができない(開咬)

●口を閉じても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
●舌を前方に突き出す癖がある

口を閉じた状態でも、歯が噛み合わない状態です。上下の前歯を閉じても隙間ができるため、前歯で食べ物を噛み切れなかったり、言葉が不明瞭で聞き取りにくくなることもあります。「開咬(かいこう)/オープンバイト」といいます。

<治療前>
治療前(開咬)前歯で噛むことができないため、食物を上手に咬み切ることができません。言葉も不明瞭になりがちでした。

下へ
<治療後>
治療後(開咬)抜歯を行い、歯並びを調整しました、前歯でしっかり噛めるようになり、言葉の不安も解消しました。


トップへ » 気になる疑問 » あなたはどのタイプ?(症例集) » 前歯がうまく閉じることができない(開咬)


PAGE TOP