トップへ » 気になる疑問 » あなたはどのタイプ?(症例集) » 噛み合わせが深い(過蓋咬合)

噛み合わせが深い(過蓋咬合)

●噛み合わせると前歯が深く沈み、上の歯が下の歯を隠してしまう

噛み合わせが深すぎる状態です。笑ったときに上顎の歯肉が見えてしまったり、下の前歯が上顎の内側の歯肉を傷つけて炎症を起こすこともあります。「過蓋咬合(かがいこうごう)/ディープバイト」といいます。

<治療前>
治療前(過蓋咬合)前歯が伸びすぎて、歯茎を噛むようになっています。痛みもありました。

下へ
<治療後>
治療後(過蓋咬合)咬みあわせを浅く調整しました。前歯は正しい状態になり、安心して噛めるようになりました。


トップへ » 気になる疑問 » あなたはどのタイプ?(症例集) » 噛み合わせが深い(過蓋咬合)


PAGE TOP