トップへ » 気になる疑問 » 治療後、もとに戻りませんか?

治療後、もとに戻りませんか?

装置を外したあとの歯は、動きやすい状態のままです。そのため、すべての患者さんは矯正歯科装置をはずした後に保定を行う必要があります。この保定をきちんと行わないとせっかくキレイに整った歯が動き出す場合があります。

通常、この保定には保定装置(リテーナー)という後戻りを防止する取り外し可能な装置を用います。

正しいかみあわせを長く維持するためには、保定はきちんと安定するまで2〜3年は続けることが大切です。また、保定後も半年に1回の定期健診を受けることもおすすめしています。

カウンセリングフォームへ


トップへ » 気になる疑問 » 治療後、もとに戻りませんか?


PAGE TOP