トップへ » 気になる疑問 » 矯正歯科装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

矯正歯科装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

たとえば、クラリネットのように上下の前歯の間にマウスピースをくわえるタイプの楽器は、表側に矯正装置がついていると痛くなります。また、スポーツではお口にボールがあたりやすい球技や格闘技は要注意です。

カウンセリングフォームへ


トップへ » 気になる疑問 » 矯正歯科装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?


PAGE TOP