トップへ » 院長あいさつ » 感染防止について » 感染対策について

感染対策について

減菌パック治療において、忘れてはならないことが感染対策です。

当院では、治療用グローブ(手袋)、エプロンなどはすべてディスポーサブル(使い捨て)を使用し、噴水式うがい器を設備しコップは使用していません。

また、治療に使われる器具は患者さんごとに交換し、滅菌処理を施します。処理後は密封した状態で管理しており、安全で清潔な状態を保ちます。これは滅菌パックと呼ばれ、使用する際に患者さんの前で開封しています。

患者さんに安心・安全な治療を提供しつづけるためにも、当院は院内感染予防にこだわり続ける必要があると考えています。


トップへ » 院長あいさつ » 感染防止について » 感染対策について


PAGE TOP